ニキビケアの正しい方法を知る|奥が深いニキビの世界へご案内

笑顔の女性

ニキビの種類と治療法

笑顔の女の人

ニキビと一口に言っても様々な種類がありますので、自分のニキビがどの種類なのかを把握して適切なニキビケアを行ないましょう。お肌が角栓によって塞がってしまい、毛穴に皮脂が溜まっており白く見えるニキビのことを閉鎖面皰と言います。対処療法として効果を発揮するのは皮脂を排出する面皰圧出が適していますが、何度も発生するのであればホルモン治療を行なって抜本的な体質改善に取り組む必要があります。閉鎖面皰のニキビは炎症を起こす前ですので、この段階で効果的なニキビケアを行なって治してしまうように心がけましょう。
黒ずんだニキビの事を開放面皰と言い、毛穴の内部に蓄積された皮脂が外気に触れて黒く酸化している状態のことを言います。開放面皰も閉鎖面皰と同じく面皰圧出で治療することが出来ますが、頻発するようであればホルモン治療で根本的な体質改善を行う必要があります。
赤く見えるニキビのことを赤色丘疹と言い、ニキビが炎症を起こしている状態担っているので抗生物質やステロイドといった治療薬でニキビケアを行なう事で治療することが出来ます。赤色丘疹を爪で潰したりするとニキビ跡が出来てしまう可能性がありますので、早くどうにかしたくても爪で潰したりせずにじっくり直していきましょう。一度ニキビ跡が出来てしまうと治療が非常に困難になってしまいますので、何十年間もニキビ跡に苦しむことになってしまいます。赤色丘疹の状態で適切なニキビケアを行なわないと炎症がひどくなり膿が出てきて黄色いニキビとなってしまいます。黄色いニキビはかなり症状が進行してしまっていますので、対症療法と抜本的なホルモン療法の療法を行っていく必要があります。黄色いニキビになってもまだ放置していると炎症が更にひどくなり毛穴の中に血と膿が混ざり合って晴れる紫ニキビが出来てしまいます。紫ニキビになってしまいますと高い確率でニキビ跡が出来てしまいますので、ここまで悪化する前に医療施設に行って正しいニキビケアを受けるようにしましょう。名医がいるクリニックではニキビ跡を残さずに治療を終える事もできますので、口コミサイトやランキングサイトなどで支持を集めているクリニックに行くようにしましょう。